寒い季節のプチ脱水に要注意です

 

この季節の外出は意外なことにプチ脱水になっていることが多いです。

冬の脱水は夏よりも自分の体を気にかけていないことも要因の一つなのです。

夏は自分が喉が渇いていなくてもマメに水分補給をして自己管理をすることに努めています。

では冬はどうでしょうか。

外出時は特にトイレが近くならないように少し水分を控えめに行動していませんか。

寒いとトイレが近くなるのでそちらの方を意識的に気にしてしまいますよね。

でも実際は

アウターを羽織って外を歩いていると体はポカポカに。

もしかするとそれ以上に熱くうっすら汗ばんでいるかも。

室内に入ってアウターをぬいで体温調整しているつもりでも室内の温度はけっこう高く今時の冬の衣類では体は十分に熱をもったままかもしれません。

夏のような滝汗はかきませんがかくれ汗は結構かいています。

こん状況で水分をひかえて1日を過ごすとたしかにトイレの回数は少なくてすみます。

でもこれってプチ脱水予備軍でもあったりするんです。

夕方から夜にかけて少し頭が重くなったり体がだるくなったら1日の水分のとり方を振り返って思い出してください。

もちろん歩きすぎた、食べすぎた、話すぎたなどなどいろんな要因で体の頭の疲れます。

もし水分が少し足りなかったかもと思ったらOS1などで体の水分補給をしましょう。

今の時代生活環境が充実していますから季節を問わず常に水分補給ができるように

携帯マグやペットボトルを持ち歩くことをおすすめします。